一般社団法人シナリオプランナー協会(JSPC)代表理事の新井です。2018年、あけましておめでとうございます。

2017年の活動振り返り

一般社団法人シナリオプランナー協会(JSPC)を立ち上げ、3カ月の活動期間を経て、2017年を終えました。その間、次のようなイベントを実施しました。

  • 働き方の未来2027 〜組織の未来を考えるストーリー〜(東京・大阪)
  • コミュニティデザインを知ろう!
  • シナリオプランニングの可能性を考える対話会 〜パターン・ランゲージと組織論の専門家をお招きして〜

これに加えて、シナリオプランニングの入門編講座やアクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)という手法を使った読書会を複数回、開催してきました。

それぞれのイベントの活動報告は、こちらのFacebookページから。

シナリオプランナー協会
https://www.facebook.com/ScenarioPlannerCommunity/

そして、今後のイベントやセミナーのご案内は、こちらのPeatixのページをご確認ください。

シナリオプランナー協会 | Peatix
https://jspc.peatix.com/

たった3カ月ではありましたが、私たちにとって、それはそれは濃い3カ月でした。

11月に実施したいわゆる「お披露目イベント」などもあり、この3カ月は立ち上げの勢いで走り抜けてきました。

2018年に入り、心機一転で迎えるこれからの活動では、私たちが届けるべき価値を丁寧に届けていくためのセミナーやイベント、そしてワークショップなどを手がけていきたいと思っています。

あらゆる組織にシナリオプランナーがいる世界を目指して

2017年11月に東京と大阪で実施したイベントでは、このJSPC(Japan Scenario Planner Community)という組織が、「シナリオプランニング」という手法を普及させていく器であると同時に、それを実践する「シナリオプランナー」という人が集まるコミュニティだということをご紹介してきました。

ただし、私たちが目指している最終的な目標はJSPCというコミュニティが成長していくことだけではありません。

JSPCというコミュニティの活動をとおして、世の中に多くのシナリオプランナーが生まれ、あらゆる組織にシナリオプランナーがいる世界を創る、それがJSPCが目指している理想の世界です。

ここで言う「組織」とは、いわゆる企業だけではありません。省庁や自治体、学校、非営利組織、私的なコミュニティなど、あらゆる「組織」を含んでいます。

そういったどんな組織の中にもシナリオプランナーがいる。そして、そのシナリオプランナーが、自組織のためにシナリオプランニングを活用し、自分たちにとってのより善い状態を目指していく。

その先にあるものが私たちがビジョンの中で掲げている「より善い世界」ではないかと思うのです。

人や組織が未来を見通し、希望の道を切り拓いていく支援をし、より善い世界を実現する

その第一歩としての2018年

壮大な妄想だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、いまやどのような組織であっても、不確実な未来への備えは欠かせない時代となっています。

そのような時代における有力なツールであるシナリオプランニング。そのツールを使いこなしていくシナリオプランナーが増えていくことは、これからの世界をより善くするためになくてはならないことだと、私たちは信じています。

この壮大な妄想だと思える世界を一緒に創っていく方々と会い、語り、未来を描いていく。そんな第一歩をこの2018年に踏み出せればと思っています。

まだまだ未熟な組織ではありますが、みなさんとご一緒できるのを楽しみにしています。

一般社団法人シナリオプランナー協会
代表理事 新井宏征

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください