ブログ

Play with Scenarios – シナリオプランニングと「遊ぶ」1年に(2019年のJSPC)

JSPC(一般社団法人シナリオプランナー協会)代表の新井です。

2018年も、いろいろな形でシナリオプランニングに興味を持つみなさんと貴重な経験をすることができました。

細々と、しかし着々といろいろなことに取り組んでいるJSPCを2019年もどうぞよろしくお願いします。

10代の頃、とても真剣にクラシック音楽に取り組んでいた頃があります。才能がないながらも音楽にかかわる仕事ができればと思い、あらゆることを吸収しようと日々を過ごしていた時代です。

あるとき、いわゆる文化祭のような場で、ある団体が普通の演奏の次に、遊びのような演奏をしました。文化祭という楽しい場で、彼らなりに「くずした」ことをやろうとしていたのだと思います。

しかし、その場で楽しんでいたのはステージ上で演奏していた彼らだけ。観客席で聴いていた(聞かされていた)私たちは、ただこのステージが終わるのを願うばかりでした。

その演奏を私の隣で聴いていた当時の私の音楽の先生は、演奏後、聴くに堪えないという顔をしながら、こう言いました。

<普通の演奏をしっかりできる人がくずした演奏をやれば、それは「遊び」になる。しかし、普通の演奏もままならない人がそんなことをやれば、それは「悪ふざけ」でしかない。>

そのひどいステージがトリガーになっているのか、この言葉は今でもはっきりと覚えています。そして真剣に取り組む対象が「音楽」から「シナリオプランニング」に移った今でも、この言葉が意味することは通じるなと思っています。

JSPCはプロのシナリオプランナー集団です。私たちはシナリオプランニングという手法を知り尽くし、日本でも最高レベルのシナリオプランニングのコンサルティングやワークショップをできるシナリオプランナーの集まりです。

そのJSPCは、2019年以降、みなさんにシナリオプランニングのいろんな「遊び方」をお伝えしていきたいと思っています。

「遊び方」といっても、それは私の音楽の先生が言ったように、決して「悪ふざけ」ではありません。シナリオプランニングを知り尽くしている私たちだからこそつくることができる、みなさんの目的や期待が詰まった本当の「遊び場」です。

そうしてできあがった「遊び場」だからこそ、みなさんが安心して未来に思いを馳せることができるのです。

「遊び場」をつくることは簡単なことではありません。しかも、その「遊び場」は私たちだけでつくるのではありません。みなさんと、その「遊び場」で遊ぶ人、そしてその人たちの遊び方に思いを馳せながら、一緒につくっていく。

そうしてできあがった「遊び場」から、みなさんが創っていきたい未来が生まれてくる。そんな機会を楽しみにしながら、私たちは日々「普通の演奏」の腕を磨いています。

私たちの前に広がっている未来は決して楽しいものばかりではありません。そんな未来に向けていろいろな可能性を考え、より善いものにしていくための取り組みを行っていく。

そんな「遊び」をたくさんの人と一緒にできるような2019年になればと思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。

JSPC(一般社団法人シナリオプランナー協会)
代表理事 新井宏征

あらゆる組織にシナリオプランナーがいる世界(2018年のJSPC)

一般社団法人シナリオプランナー協会(JSPC)代表理事の新井です。2018年、あけましておめでとうございます。

2017年の活動振り返り

一般社団法人シナリオプランナー協会(JSPC)を立ち上げ、3カ月の活動期間を経て、2017年を終えました。その間、次のようなイベントを実施しました。

  • 働き方の未来2027 〜組織の未来を考えるストーリー〜(東京・大阪)
  • コミュニティデザインを知ろう!
  • シナリオプランニングの可能性を考える対話会 〜パターン・ランゲージと組織論の専門家をお招きして〜

これに加えて、シナリオプランニングの入門編講座やアクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)という手法を使った読書会を複数回、開催してきました。

それぞれのイベントの活動報告は、こちらのFacebookページから。

シナリオプランナー協会
https://www.facebook.com/ScenarioPlannerCommunity/

そして、今後のイベントやセミナーのご案内は、こちらのPeatixのページをご確認ください。

シナリオプランナー協会 | Peatix
https://jspc.peatix.com/

たった3カ月ではありましたが、私たちにとって、それはそれは濃い3カ月でした。

11月に実施したいわゆる「お披露目イベント」などもあり、この3カ月は立ち上げの勢いで走り抜けてきました。

2018年に入り、心機一転で迎えるこれからの活動では、私たちが届けるべき価値を丁寧に届けていくためのセミナーやイベント、そしてワークショップなどを手がけていきたいと思っています。

あらゆる組織にシナリオプランナーがいる世界を目指して

2017年11月に東京と大阪で実施したイベントでは、このJSPC(Japan Scenario Planner Community)という組織が、「シナリオプランニング」という手法を普及させていく器であると同時に、それを実践する「シナリオプランナー」という人が集まるコミュニティだということをご紹介してきました。

ただし、私たちが目指している最終的な目標はJSPCというコミュニティが成長していくことだけではありません。

JSPCというコミュニティの活動をとおして、世の中に多くのシナリオプランナーが生まれ、あらゆる組織にシナリオプランナーがいる世界を創る、それがJSPCが目指している理想の世界です。

ここで言う「組織」とは、いわゆる企業だけではありません。省庁や自治体、学校、非営利組織、私的なコミュニティなど、あらゆる「組織」を含んでいます。

そういったどんな組織の中にもシナリオプランナーがいる。そして、そのシナリオプランナーが、自組織のためにシナリオプランニングを活用し、自分たちにとってのより善い状態を目指していく。

その先にあるものが私たちがビジョンの中で掲げている「より善い世界」ではないかと思うのです。

人や組織が未来を見通し、希望の道を切り拓いていく支援をし、より善い世界を実現する

その第一歩としての2018年

壮大な妄想だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、いまやどのような組織であっても、不確実な未来への備えは欠かせない時代となっています。

そのような時代における有力なツールであるシナリオプランニング。そのツールを使いこなしていくシナリオプランナーが増えていくことは、これからの世界をより善くするためになくてはならないことだと、私たちは信じています。

この壮大な妄想だと思える世界を一緒に創っていく方々と会い、語り、未来を描いていく。そんな第一歩をこの2018年に踏み出せればと思っています。

まだまだ未熟な組織ではありますが、みなさんとご一緒できるのを楽しみにしています。

一般社団法人シナリオプランナー協会
代表理事 新井宏征

伝えたいことを、自分の言葉で

シナリオプランナー協会を立ち上げて早速、代表理事としてとてもうれしいことがありました。

それは、理事メンバーが自分で言い出して、自分で企画して、自分で運営して、自分でシナリオプランニングを伝えた大阪開催の入門編講座が無事に終了したことです。月曜日の夜というタイミングにもかかわらず、30人以上の方に参加していただき、大盛況で終わりました。

企画が動き出してから代表理事としての自分がやったことと言えば、コンテンツに対するコメントと、当日、自分のワルクチを言っていないかのチェックだけ(ちなみに、ワルクチは講座開始直後から言われていました…)。

企画が立ち上がり、開催が近くなってきたタイミングでコンテンツに対してコメントをしたとき、自分が伝えたのは「新井の資料を使わずに、自分の資料で、自分の言葉で伝えてくれ」という趣旨のこと。

そうやって言われたメンバーは、きっと講座中に言っていた以上のワルクチを言ってたことでしょう。しかし、結果として、講座当日、新井では決してできない伝え方でシナリオプランニングの良さを伝え切っていました。

シナリオプランナー協会の理事メンバーは、この協会以外にも仕事を持って活動しているメンバーばかりなので、運営をしていくためには業務の効率化が欠かせません。しかも、メンバーの普段の活動地域が東と西でバラバラです(これはこの組織の大きな特徴なので、そのうち書いてみます)。

そのため、今後、入門編講座開催に関するオペレーションは、ノウハウをため、マニュアル化・チェックリスト化しを進め、効率的に、そして仮に協力者が少なくても開催できるような仕組みづくりを進めていきます。

ただし、そういう中でも自分として決してマニュアル化したくないのは、シナリオプランニングについての説明の部分です。それは決まり切ったマニュアルではなく、たとえ慣れていなくても、それぞれのメンバーが自分の言葉で伝えていってほしいと思っています。

協会設立前に、設立のことを話すと、「協会ビジネスですね!」と反応され、親切にも「いかに楽をして稼ぐのか」についてのアドバイスをくれる人もいました。

そのひとつに「講座の内容はスクリプトも全部用意して、そのとおりに話してもらうことで、講座の品質を担保して、さらに上の講座へ誘導しやすくする」というものがありました。

私たちの協会は、決して、属に言う「協会ビジネス」を志向しているわけではありません。もちろんボランティアではありませんから、サービスに対して相応の対価はいただきます。ただし、前回のエントリー「JSPCコミュニティ実践記」でも書いたように、私たちが志向するのはシナリオプランニングに関心がある人が対等に集うことができる「コミュニティ」です。

そのような意味で、先ほど書いた「講座の内容はスクリプトを書いて、そのとおりに読んでもらう」なんてことは、何があっても、今後絶対にやりません。

私たちは「より善い未来を実現する」という共通のビジョンの下に集まっています。

より善い未来を創るためにまず必要なのは、技術でも政治でも資金でもありません。必要なのは「言葉」です。「言葉」が未来を創ります。その「言葉」をより多くの人に届けるためには、「言葉」に想いを乗せることが必要です。そして、「言葉」に想いを乗せるために必要なことは、自分が伝えたいと思うことを伝えること。

より善い未来を実現するためのコミュニティとして、たくさんの人にかかわってもらいたいと思っています。そのために、メンバーそれぞれが、自分の伝えたいことを、自分の言葉で伝えていく。

そんな機会を、今後ますます増やしていきますので、ぜひ今後の私たちの活動にご期待ください。

※最新の講座・イベント情報はこちらから。
シナリオプランナー協会 | Peatix